教育方針

POLICY

授業方針;集団・板書形式の授業と個別形式の授業のメリットをともに取り入れていく

~集団・板書形式の授業でありながら個別形式の授業の要素も取り入れていく~

集団・板書形式の授業と個別授業にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

●集団・板書形式の授業のメリット ライブ感ある授業での緊張感と活気がある(いつ、先生にあてられるか分からないという緊張感で授業に集中できる)・周りの友達の理解度が見えると、自然と生まれる競争心によって頑張る気持ちが湧いてくる
●集団・板書形式の授業のデメリット 授業のなかで理解できない箇所があっても講師側から「理解できてないか」 の確認作業が授業途中で行わなければ、自ら授業のなか理解できてないことを発信しないと、その疑問が解消されないまま授業は進んでいき、理解度として遅れをとってしまいがち。

●個別授業のメリット 自分の理解度に合わせて授業を進行してもらえる・自分が納得いくまで説明してもらえる・どのタイミングでも周りを気にせず質問しやすい。
●個別授業のデメリット 先生との関係が密で先生との性格相性が大きくかかわってくる・授業が自分に合わせて進む分、進度がスローペースになったり、自分と同じ状況で頑張る姿が見られない分、自分自身で奮起する気持ちをしっかり持っていないと、先生との関係が慣れてくるほど気持ちがだらけがちになる・講師側としても良好な関係を築きながら授業をしたいと思うので、集団授業なら言える厳しい言葉も1対1の関係では負担が大きすぎると判断し、言えないということもしばしば。

~それぞれのメリットを取り入れるためには!~

当塾の授業の形式は板書形式の一斉授業ですが、各クラス定員は12名なので多すぎない人数での集団授業で、講師から見て個々に目が向けやすくなっています。
当塾では講師が問題の解説をした後、受講生自身がもう一度同じ問題を解いたり、類似問題を解いたりします。その際、講師が各机を回っていくことがありますが、各受講生の解き方から理解度を見て、その場で個別で指導するか、全体的に同じ箇所での理解度が浅い部分があれば板書形式で指導するかを判断します。上述の両方のメリットをともに取り入れるためには講師側も常に受講生の理解の状況を勉強しなければなりません。講師側でその状況を把握する工夫をいくつか用意しています。

その工夫のひとつである、授業内における講師側からの理解の深度を推し量る質問によっても、受講生の理解度を確認します。
類似問題を板書形式で解説する際、先に解説した問題を理解できてなければ答えられない質問を受講生にします。この質問に答えられるか否かで受講生の理解度が確認でき、仮にその受講生が自分の理解できてないことを講師に伝えられなくても、講師が受講生の理解度を知り、理解不十分な箇所への解説を行うことができます。

授業内では、節目節目で受講生全体への「分からないところはないですか?」という質問を投げかけますが、理解できてなくても自ら発信しにくかったり、理解できていないことに受講生自身はっきり気づいてなかったりする場合もあります。

・・・ただいま大至急編集中です

 

目標

ただいま大至急編集中です

プリント作りへのこだわり

ただいま大至急編集中です

ノートの取り方への指導

ただいま大至急編集中です