現役生週末授業

『現役生週末授業』ってなに・・・?

当塾は、以前は高校生の数学・英語塾でしたが、遅い時間帯の授業ができなくなったため、予備校生対象の英語・数学塾として生まれ変わりました。

しかし、当塾には、最近のしばらくのお休み期間があり、現役生で当塾の授業を知るひとがいなくなったため、予備校生の塾として再始動するには時間がかかると思います。

その間、まずは現役生に当塾の授業を知ってもらう目的で、土曜または日曜の午前(または長期休暇期間中)に通常料金よりも格安で、現役生(高1~3生)を対象とした、『現役生週末授業』という授業を行っていきます。

こちらの『現役生週末授業』は、お友達と一緒に2名以上のお申込みで、ご希望の教科(英語または数学)の、ご希望の単元の授業を企画・開講するというものです。分からないところをピンポイントで学習することができます。

講師作成のオリジナル教材を用いて行いますが、のちのち予備校の授業でも同じ教材を使っていく予定で、現在、当塾の教材はすべて作り直していることから、『現役生週末授業』の教材作りはのちのちのために当塾として役立ちます。

ということから、こちらの授業は、当塾を知ってもらうという宣伝を兼ねていることと、上述の教材作りのメリットのために、格安でご提供できています。授業を円滑に進めるための教材作りを心がけており、短い時間の割には充実した授業が行えるよう工夫しています。ぜひお気軽にお試しください。(授業は板書形式の一斉授業です。)

1時間または1時間半で、
英語または数学の、ある単元を中心に勉強する、
基本、単発の授業。

毎週通い続ける連続授業ではなく、1回限りの単発授業なので、お気軽にお試しいただける授業です。ですが、ご希望があれば、複数回の授業のお申込みもできます。

当塾オリジナル教材を使用します。

授業ごとに、受講生が理解または復習しやすいよう、講師が作成したオリジナル教材を使って授業をします。教材には、短い時間のなかで効率よく進める工夫を多数盛り込んでいます。オリジナル教材サンプルはこちら
授業のなかで、各受講生の理解のレベルに差があっても、レベルに応じた進め方ができるよう、プリントの準備をしておきます。授業対象単元が苦手で不安だという方も分かりやすく解説していきますので、ぜひお気軽にご受講ください。
また、教材作成期間が必要になりますので、お申込みから授業開講まで、状況によって、1~3週間かかります。※教材費はかかりません。

講習代金は1,000円(←1時間授業/1回)
または、1,400円(←1時間半授業/1回)
[ともに教材費込・税込]

当塾が以前、現役高校生の塾をしていたころのほぼ半分の授業料で、お試し感覚で受講できます。複数回の授業のお申込みの場合、講習代金は、授業の回数倍してください。 授業の始めに、受講生の名前の書かれた封筒に講習代金を入れたものを集金させていただきます。[複数回の授業のお申込みの場合は、複数回分の講習代金をまとめて最初の授業で集金させてもらいます。](基本、単発授業となるため、金額に間違いのないよう、その場で封筒の中身の確認をさせていただきます。ご了承ください。)

各クラス定員12名で、対象学年は高1~3生です。ただし、文理生の場合は中3~。

授業内容は、高校の範囲となります。大変申し訳ありませんが、上記学年以外のお申込みはお断りさせていただいておりますm(__)m

お友達2名以上のグループでお申込みください。
グループで習いたい単元と受講日時(土・日曜の午前、または、長期休暇期間中)を指定できる、
オーダーメイド感覚の授業が受けられる!

お友達2人以上のグループで、グループで受講したい日時と、習いたい単元(英語または数学の単元)を指定できます。開講日時は、お申込みから1~3週間後の開講目安です。(←授業の教材等を作成するための準備期間が必要となるため。)お電話でお申込みの際に、詳しい開講目安をおたずねください。
日時・単元が決まったあと、他の受講希望者の募集はかけることになります。ご了承ください。
また、一緒に受講するお友達がいない場合でも、他に同じ単元を受講したい希望者が出てきたときに一緒に受講したい、という予約のお申込みもできます。ただし、その場合、いつ開講できるかの保証はありません。
授業は、必ず受講生の合計人数が2名以上から行います。もし、キャンセル等により、合計2名に満たない場合、授業を延期することがあります。
また、授業当日が警報等により、来塾困難と判断した際には、授業を延期します。

塾ブログしています

①のブログが勉強方法や英会話・数学についてなど。
②のブログが当塾のこれまでについてです。
よろしければご覧ください。
topへ